~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007-10-16 Tue 02:46
極細ポッキーを買ったら、チョコが全部溶けて、更に固まって、極太ポッキーになってた。

機動戦士ガンダム00 第2話 「ガンダムマイスター」
WS000008_new_0000.jpg
1話見た限りどうなんだろうと思っていたけど、今回でOOが好きになれそうだ。
各国のMSの性能は、可変型単独飛行可能なMSを既に運用しているユニオン、最新型でようやくユニオンに追いついたAEU、遅れて人革連といった感じか。
ミノフスキー粒子が無いなら人型兵器じゃなくてもいいじゃんというのは平成ガンダムではご法度。
とりあえずミノフスキー粒子の技術を独占中のソレスタルビーイングは開戦初期のジオンやザフトと同じ感じなんですが、
やっぱそのうち他3大国もミノフスキー粒子対応機が出てくるんだろうな。
と、サファリ服のチャイナ娘はそこはかとなく島津由乃さんに似ていて好きになれそうだ。
WS000021_new_0001.jpg
「…ガンダムだ…。 オレがガンダムだ――」
「紛争を確認・・・根絶する──」
「これが、ガンダムマイスターだ――」

セリフはインパクトあるけど、主人公のはずの刹那、他3人と比べると個性に埋もれてる感が否めない。個人的にはアレルヤが好き。
「これで稀代の殺人者・・・けどね」
大気圏突入をあっさり捕捉されるキュリオスとヴァーチェ、ゼータの世界だったら即行落とされてただろうな・・・・・・。
そして戦闘、SEEDにおけるキラの不殺の信念とその真逆の行動がすごい不愉快だったために、むしろこのくらい虐殺やってくれた方が清々していいわー。
まあ同じ文明同士の戦争とは思えないほど一方的だったけどね!
戦闘終了後のヴァーチェが普通に飛んでるのにすごい違和感が(笑)
こんなので飛べるなら飛行形態とかいらないんじゃないのか。
撤退中に敵に捕捉される刹那。刹那がやばいのかグラハムが優秀なのか。
というかグラハムがクロスボーン時代のザビーネの匂いが一瞬してこいつも好きになれそう。
そういえばガンダムの母艦は宇宙にいたと思うんだけど、まさかこの4機、単独で大気圏離脱もできるんだろうか。
ジブラルタルのマスドライバーを命を懸けて守ったケイトさんもびっくりだ!
そして今回最大の伏線であろう会話。

「一度だけじゃない、何度でも介入するわ」
「紛争が終るまで、憎しみが私たちに向けられるまで」
「それが、ソレスタルビーイング、私たちは、物事を変える時に付き纏う痛み」


どうやら戦争の介入によって当事者双方から憎しみを買うのは大前提の模様。
その当事者双方、世界規模で見ればユニオン、AEU、人革連の全ての矛先がソレスタルビーイングに向けられるために戦っている。
世界をまとめるための必要悪になろうということなのかな。
つまりは外敵と戦うためにひとまず戦いはやめて一致団結しようという方法みたい。
これは今後も期待できそうだ!


ひぐらしのなく頃に解 第15話「祭囃し編 其の弐 蠢き」
WS000019_new_0000.jpg


⊂ニ(*'ω')ニ⊃

⊂ニ(*'ωΣ|壁


⊂ニ(*'ωΣ|壁

もう三四のためなら雛見沢とかどうなってもよくね!?とか一瞬思っちゃったよ!!
何かひぐらしの中じゃレナと詩音がヤンデレにカテゴライズされてるけど、
高野さんこそ究極のヤンデレじゃないのかな?かな?


D.C.II ~ダ・カーポII~ 第03話 「ファーストレッスン」
WS000017_new_0000.jpg
小恋と書いてココと読むらしい。
今まで「ココ」と聞いて某カレーショップか八神ココを連想してた。
まあなんだかんだで健全なお付き合いをしているのは多いに結構。
白河さんは異性にはもてるだろうけど同姓には絶対嫌われるタイプだな。
美夏は既にフェードアウト気味。というか、こいつ主人公いようがいまいが近い将来絶対周囲にばれるだろ!
こういうアニメで毎回思うんだけど、朝倉姉妹+主人公の両親とかいないんだろうか。
主人公とも本当の家族とは違うみたいだし、子ども3人の学費(私立っぽいし)だけでも結構かかってそうだし、
やはり学園長とかのコネで入学+学費免除とかいう裏の手だったりするんだろうか。
ところで、朝倉と聞いて真っ先に朝倉義景を連想した私はきっと戦国マニア。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | 坂の途中 | 亀田 「約束どおり負けてやったで。早くあの子たちを解放せえ!」>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。