~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007-10-17 Wed 21:58
ナイトウィザード 第03話 「二つの炎~堕ちてメガラニカ~」
WS000009_new_0000.jpg
 戦闘シーンがしょぼいのいはお約束になりそう。
ゴーレムも見た目でここが弱点ですってわかるなら、もっと見難い場所に文字移すとかできなかったのかね。
 というかトラップのシーンでやっぱりギャグアニメなんだと再認識。
敵もマジで口ほどにもない雑魚だった。正体を見破る云々以前の弱さだよね(笑)
 まあ主人公パーティが最強すぎるからなんだろうけど、どうもね。
お城の方は人がいた。けどやっぱり人口少なそうなお城だなぁ。
 そもそもこの戦争自体そんなに深刻そうな物には全く思えないのだが、それでも太古の昔から続いてるのは、
初期の川中島の戦いや朝鮮戦争のように、これ以上マジで戦ったらやばそうだからこの辺りで休戦しておきましょうとかいいつつ、一応は小競り合いだけ続けて時だけが経っていった感じか。


Myself;Yourself 第03話 「クッキーと小石」
WS000012_new_0000.jpg
 フラグブレイカーの主人公佐菜。ちょっとしたことで菜々香はツンとデレを繰り返しております。
個人的にはツンならツン、デレならデレで貫いてほしいところなんですが。
 若月兄弟はいいやつらだなぁ。こういうバランサー的人物がいないとこの友人らすぐに崩壊しそう(笑)
というか小清水亜美さんの声で「星野さん」っていわれるとすごい違和感が。
 主人公は出かける当日になるまで星野さんが参加するの教えてないってやばくないか?
その主人公は血の付いた包丁にトラウマ発動。プールでも腕時計を外せないところを見ると、リストカットでもしてるのかね。
魚捌くのすら見れないんじゃ毎日カップラーメンとかレトルトカレー食べてるんだろうな。
 そしてこのアニメの唯一の女神で在らせられる麻緒衣ちゃん。メガネを取ったそのお姿も大変お美しゅう御座います。
 アニメのメガネキャラって大抵メガネ取るとダメキャラになるんだけど、そういうことはなさそうだね。



今度は司馬遼太郎原作の小説『関ヶ原』。藤堂高虎や黒田如水が出てこなかったり、
主に石田三成周辺の人物が史実と違ったりしていますが、これも面白いです。
大岡越前の演じる正義の石田三成はかっこよいですな。
第一部は秀吉死去~石田邸襲撃まで。


第二部は佐和山城退避~三成挙兵まで。
徳川三代を見た後だと細川忠興とガラシャの扱いが違いすぎて面白い。
更に葵の頃の大谷吉継が直江兼続だったり、真田太平記の真田昌幸が福島正則だったりと、キャスティングも豪華すぎる。


第三部は上杉征伐~関ヶ原の戦い。
関ヶ原の戦いは葵よりもエキストラが多いらしいのですが、迫力が足りなく見えるのはCG技術がなかったからでしょうね。
この時の予算に今の技術があればすごい大作ができそうだなぁ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | 坂の途中 | タイトルなし>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。