~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007-10-19 Fri 12:07
2PCのROに慣れきった癌厨の私には、今さら1PCというのは耐えがたい苦痛でありまして、
Gvまでに何とか、というか、Gvだけでも何とか2PCにできないかと色々模索しております。
そもそも私の家にはパソコンが3台あるので、2PCをすること事態はそんなに非現実的ではないのですけれど、
やろうと思っても、PCの所有権の問題(姉のPC)で、人目を盗んで借りれる時くらいしか2PCできないのが現状。
既に2台のPCがありながらPCかしてくださいとは流石に言えず、正直に壊れたといえば「ゲームのやりすぎ」と怒られることは必須。そしてかしてくれない。
すっごい安いPCを繋ぎで買ってきて、その間にメインPCを修理に出そうかなぁ。
メインPC直ったら3PCできそうだけど、どれだけ癌厨なんだか。

そういえば、アサが光りました。光ったSSはメインPCの方にあるので何とも素気ない2キャラ転生計画の終了を迎えましたが、
これから1次職育成という時にノートPCのみなので、どうしようかなと。


こどものじかん 2話「にこにこのごほうび」
WS000009new3.jpg
このアニメ、無駄なエロ分を除けば、NHKで放送できる教育アニメに化けるんじゃないだろうか。
まあエロがあるからむりなんだけど。
さて、今回のテーマは「教師の指導力不足」まさに現場でも問題になっております。
現在の教師は指導力のある教師となんで教師やってるんだってくらいの人と、二極化しています。
また、指導力のあるベテラン教師ほど、学級崩壊に見舞われているということもあります。
どういうことかというと、ここ数年で児童の質が急変したんですね。急変の境目は私的に考えれば平成以降の生まれあたり。
今回の話のように、授業中に教科書を開かない、勝手に立ち歩く、一人がトイレに行くというと、「じゃあ私も」と、みんな教室を出ていく。それを注意すれば児童からは冷たい視線が返ってくる。
まさにこのアニメは教育現場の今を物語っていて、いいところを見ていると思った矢先に最後の最後で雰囲気をぶち壊してくれるのは1話からのおなじみのパターンのようだ。
ちなみに、児童がトイレに行くのを止めるとなんでか知らないけど虐待になるんですよ。だから教師は止められない。注意できない。児童はそれを知ってか知らずか濫用しまくる。トイレに行くどころか外で遊んでたりね。
WS000003new0.jpg
そして相変わらずテンションの高いED。中毒性があるかも。
絵もどこかで見たようなと思ったら某アニメを思い出した。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | 坂の途中 | タイトルなし>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。