~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DQ7
2008-03-03 Mon 02:50
 鬱ゲーを求めてDQ7を買いました。

 ただのプレイ日記なので分け。















 DQ7自体は8年前に一通りクリアしていたんですが、すぐに売ってしまったのでほとんど忘れてる状態からスタート。

 さて、どのあたりが鬱なのか。

 そもそもドラクエシリーズ全般は、魔王が世界征服を企んでいるとは言うものの、街は活気にあふれ、人々はまともに暮らし、本当に戦時下なのかと疑いたくなるような世界ばかりです。

 実際に魔王が行ったことはというと・・・・・・

DQ1 ドムドーラを滅ぼした、ローラ姫をさらった
DQ2 ムーンブルクを襲って姫を犬にした
DQ3 手下がテドンを滅ぼした、サマンオサを乗っ取ろうとした
DQ4 勇者の故郷を滅ぼした、子どもをさらった
DQ5 何もしていない(強いて言えば変な宗教普及させようとした)
DQ6 カルベローナを滅ぼした

 この程度の被害しか受けていません。むしろ街の人々は魔王の脅威を全く感じずに日々を生活しています。
 というか魔王、世界を征服しようとしているのかすら怪しいです。

 しかしDQ7はどうでしょう。石版の世界(過去の世界)へ行くとかなりの高確率で世界が闇に包まれ、街に入ると街が崩壊しているBGMが流れます。

 今までのドラクエでは街や城は何の被害を受けていませんでしたが、DQ7の村々はほぼ全てが何らかの脅威や被害を被っているという。

 主人公一行が旅立って最初の村で既にこのパターンに入ります。

 一番最初に立ち寄るウッドパルナは、村の女性全員が人質にされ、返して欲しければ村を自分達の手で破壊しろと脅迫を受けています。

 村を自分達の手で破壊し始める人々。そんな中、魔物に立ち向かうという男性が現れるが、村の人々は口だけではその男性の後を追って魔物退治に行くと言うものの、誰一人加勢せずに男性は討ち死にしてしまう。

 男性の妹はそんな村の人たちに絶望して自ら魔物になってしまい、最後は自我を取り戻すも無抵抗のまま一方的に主人公一行に倒されるという。最初から鬱なストーリー展開です。

 次に立ち寄るエンゴウ。ウッドパルナと変わって明るいBGMが流れるが、どうも様子がおかしい。人々は存在しない神を讃え、儀式のために火山へ行くという。しかしその火山は(魔物の企てで)噴火寸前。儀式を中段するように言っても誰も信じず、結局はボスを倒すまで信じてもらえなかったという・・・・・・。

 続いてダイアラックに行きます。DQ7では恒例の暗い世界+村崩壊のBGM。この村は村人全員が石像に変えられ、しかも時間が経ちすぎてボロボロになっています。石像に話しかけると崩れ落ちてしまうものすらあります。ただ一人の生き残りの老人から薬をもらいますが、効果がなく・・・・・・。夜中に石像から平凡な毎日だった過去の記憶が映し出され、まさに鬱。更に現代に戻ったら村自体が既に存在していなく更に鬱に。

 気を取り直してオルフィーに向かいます。ここは魔物に呪いをかけられ、人間が動物に、動物が人間に変えられています。しかし暗い世界+崩壊のBGMは相変わらずですが、ダイアラックがエグかったせいか、それほど酷くないなと思ってしまうのはDQ7の耐性がついているからだろうか。

 続いてフォーリッシュ、フォロッド城。序盤の最鬱ストーリーです。
 ここはからくり人形と戦争中の国。感情も疲れも知らない人形相手に苦戦を強いられています。前線基地となっているフォーリッシュは要塞都市と化し、人々は疲弊し、街の周囲には動かなくなったからくり兵の残骸がある。親を殺された子どもは動かないからくり兵にあたり、ベッドで寝ていると思った兵士は既に死んでいたりと、映写がかなり生々しい。
 フォーリッシュを通過し、フォロッド城へ向かうと、ついにフォーリッシュが陥落したという知らせを聞く。(ついでに城も襲撃される)
フォーリッシュへ戻ると、先ほどからくり兵へあたっていた子どもが殺されていたり、教会のシスターが棺桶になっていたりとまさに悲惨。
 その後、人間側もロボットを味方につけて攻勢に変わりますが、その研究者は人型ロボットに恋人の名前をつけ、戦争後はロボットと暮らし、人間の前には姿を現さなかったという展開には、最近までMy Merry Mayをやっていた私には結構鬱になる展開だった。
 しかも現代の研究者の家では既に研究者が白骨化した死体になっており、ロボットはそれに気が付かないまま主人のために料理を作り続けているという。。

 グリーンフレーク。村人石化その2。しかし今度は石化して間もないらしく、薬での治癒が可能でした。その後は変な昼メロ展開で終了。現代に戻ると街は廃墟になってるけどね!


 というわけでグリーンフレークまでクリアしました。どうも普通のストーリーとエグい鬱展開を交互に持って来るみたいですね。
 Me Merry Maybeと同時進行なので遅れると思いますが、ある程度進んだらDQ7日記その2を書こうと思います。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<3/2 GvG | 坂の途中 | 2/24 GvG>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。