~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴジラシリーズ
2008-05-23 Fri 16:27
ゴジラシリーズはパラレルワールドとかあったりして、どれがどれの続編なのかややこしくなりますね。

①『ゴジラ』(1954)
1stゴジラ、オキシジェン・デストロイヤーで死滅。

②『モスラ』(1961)
同世界・同時間軸。幼虫から成虫へ進化。

③『ゴジラVSキングギドラ』
1stゴジラとは別個体、2ndゴジラ。核兵器の影響で巨大化した経緯は同じ。

④『ゴジラVSメカゴジラ』
③の翌年。メカキングギドラと共に海に沈んだ2ndゴジラ。メカゴジラは1stゴジラの死骸から取り出した骨格と、海に沈んだメカキングギドラを引き上げ、その技術をあわせて作り出した人類の兵器。

⑤『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』
④の更に翌年。モスラは②の個体とその双子の子ども。



①『ゴジラ』(1954)

②『モスラ』(1961)

③『モスラVSゴジラ』
モスラは②の個体とその双子の子ども(うち1体はゴジラとの戦いが原因で死亡)

④幼虫モスラが登場する昭和ゴジラシリーズ。


①『ゴジラ』(1954)

(②『ゴジラVSビオランテ』)
ビオランテの焼け落ちた破片が宇宙まで舞い上がり、スペースゴジラの元となったという説。

②『ゴジラVSモスラ』
この世界ではコスモスが地球の先住民族という設定。

③『ゴジラVSスペースゴジラ』
②の個体のモスラがスペースゴジラの存在を知らせる。


①『ゴジラ』(1954)

②その他VSシリーズ



とまあ大雑把に分けるとこんな感じになります。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<5/25 GvG | 坂の途中 | カプラの猫耳ヘアバンド>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。