~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
犯罪者ギルド
2008-08-08 Fri 22:01
Lisaには犯罪者ギルドと呼ばれる集団が存在するそうです。名前からしてMPKや横殴り、詐欺、誹謗中傷等を日常的に繰り返している集団なのでしょう。

本当にその通りなら既にBANされていそうな気もするのですが、なぜそのような人たちが出てくるのかを考えてみる。

逸脱行動、つまりMOBのなすりやカット、横殴り等、モラルに反することを言います。ただし、これは普遍的なものではなく、以前は逸脱行動とされていたが、今ではそうではないもの、WPスクリーム、追放Mbr、自己遅延など、時代やサーバー、ギルド、さらには個人によって、逸脱行動かそうでないか分かれてしまうものです。

つまり、逸脱行動はこれだ、と規定するのは非常に危険な考えということになり、逸脱行動はある個人の人格異常ではなく、制度が生んだものと見なければなりません。

もちろん個々の逸脱行為を許すわけではありませんが、逸脱行為があったのなら、その理由を鯖そのものにも目を向ける必要があるということです。

一つのサーバーを、一つの社会に例えることができます。

逸脱行為は、他の人々の評価によって説明しようとします。つまり、逸脱行動者(最初に言った犯罪者ということ)になるというのは、誰かが「この人は犯罪者ですよ」というレッテルを貼るからだといえます。

もちろん、詐欺のような本当の犯罪は、冤罪ではない限り「犯罪者」「詐欺師」というレッテルを貼られても仕方がないと言えます。しかし、そうではないレッテル貼りによって、犯罪者を社会(鯖)が作ってしまうことも考えられるわけです。

つまり、最初は些細なこと、横殴りをしてしまった、MOBを擦ってしまったという個人に対し「ノーマナー」というラベリングをしてしまう。その人はレッテルを剥がそうとしてもうまくいかず、やがてあきらめて本当に不良ノーマナー行為をする人になってしまうということです。

ちょっとしたミス→あいつはノーマナー→どうせ俺はノーマナーだよ→それで逸脱行為っぽいことをする→外部のノーマナーという認識が強固になる→さらに本人が不良だという自己を内面化する→延々と続く 。

そしてこれが、規則の差別的な適用(セレクティブサンクション)につながります。

本来ならば同じノーマナー行為として同じ批判を受けるはずが、レッテルのない人は許され、レッテルを貼られた人は問題にされてしまいます。

そしてそのレッテル貼りは、ギルド単位で行われてしまうということです。

逸脱者(ノーマナー)というレッテルを貼られた個人(ギルド)は、実際にそのレッテルに相応しい逸脱者になってしまうのです。

レッテルを貼る側の立場や判断が問われる問題ですね。

別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<8/10 GvG | 坂の途中 | 8/3 GvG>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。