~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
外交というもの
2008-08-28 Thu 01:35
グルジアという国。軍事力は低く、工業化は遅れ、主要産業は農林水産業。人口も減少しつつあり、大国ロシアから見ればまさに弱小国以外の何ものでもありません。

そんなグルジアの中に、南オセチアという地区があります。グルジアが独立した際、反発したのが南オセチアでした。一時はグルジアと戦闘を行うも停戦が成立、南オセチアには平和維持軍という名目のロシア軍が駐留することになりました。(オリンピックの開会式にグルジアと戦闘をしたのはこの部隊ですね)

しかし、南オセチアはグルジア政府の支配が及ばなくなったことで、隣国ロシアやアルメニアなどの密輸拠点となってしまい、南オセチアの収入源ともなってしまいました。

よって、グルジアは現政権発足時からロシア軍の南オセチアからの撤退と、NATOが主体の駐留軍の交代要求を出し続けていました。つまり、ロシアが平和維持軍として駐留しているのはフェアじゃないということです。

グルジアは南オセチアへの弾圧を加えつつ、国際機関の仲介を求め、ロシアは公式では南オセチアの独立を認めないといいつつも独立派を支援し、グルジアへの領空侵犯と威嚇を続けていました。

そもそも南オセチアの人口は7万人ほどしかいません。しかもその半分はグルジア人。実際に独立を求めているのは4万人ほどで、日本で言えば過疎地の小さな市程度の規模しかありません。そんなものに独立されたんじゃたまったもんじゃありません。少数民族を多く抱える中国共産党が今回の件でロシアに協力しないのはこうした背景があります。

さて、ロシアもなぜこのような弱小国に構うのでしょうか。グルジアは親欧米政権でした。それだけでもロシアは嫌でしょう。それにグルジアはカスピ海油田からロシアを経由しない欧州向けの石油パイプラインがあるのです。ロシアからしても、以前ロシアにパイプラインを閉められて大弱りした欧州としても、エネルギー安全保障の観点からグルジアは自陣営に取り込んでおきたいのです。

グルジアも自国の安全保障を守るために、NATO加盟申請やイラク戦争で米軍に支援するなど、欧米との関係を強化しようとしていました。アメリカ資本のパイプラインがグルジアを通っていたりもしています。

中国はロシアに味方しない。欧米もグルジア寄り、そんな中、オリンピックが始まりました。

グルジアは戦争にはならないと考えていたでしょう。南オセチアの実効支配と既成事実を作り停戦、欧米から支援を待つつもりでした。しかもオリンピック当日です。当のプーチンが開会式に出席していたのですから、まさか平和の祭典に出席している当人がグルジア攻撃を命令するとは思わなかったのでしょう。

ロシアも、グルジアには偵察部隊しか入れていないといいながら、どう見ても日本の陸上自衛隊一個連隊程度なら潰せる戦力を展開していました。

こうしてグルジアの目論見は開戦数時間で潰えてしまいました。しかも蓋を開けてみれば、紛争を抱えてしまったグルジアはNATO加盟が遠のき、戦争によってロシアは原油で儲ける。ロシアにとって都合のいいことばかりでした。
グルジアが完全に潰されてパイプライン利権をロシアに奪われてしまっては、欧州諸国も涙目なわけで、オリンピック中にもかかわらずサルコジ大統領が早速停戦の呼びかけに出てきました。

ロシア軍の介入で、欧米諸国がグルジアの軍事的な支援をすることが難しくなってきました。グルジアに同情的な国はあるでしょうが、NATO軍は絶賛軍縮中、しかもアフガンに出兵中です。アメリカもイラクで精一杯な上、ブッシュ政権は余命半年の命です。正面切ってロシアと対決できる国はなくなってしまったのです。

こと自国の優位性に気が付いたプーチンの操り人形メドベージェフ大統領は、ここに来て南グルジアの独立を承認するという暴挙に出てしまいました。新冷戦も恐れないという恐ろしい言葉まで吐いています。

日本のニュースではアフガンの邦人殺害や金メダリストのインタビューばかりが騒いでいますが、国際的にはグルジアがすごいやばいことになっているのです。

アメリカもダメ、NATOもダメ。こんな状況に武力介入できるのはソレスタルビーイングかストライクウィッチーズくらいでしょうね。


ちなみに、英国海軍では艦艇を呼ぶとき「She」つまり彼女といいます。プリンス・オブ・ウェールズみたいなどう見ても男性名の艦艇でも「She」です。日本海軍もこの習慣を取り入れました。
以前、英国の客船(クイーンエリザベス号)が係留中の自衛艦に衝突した際、謝罪に来た英国の機関長に対し、自衛艦の艦長が「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。 それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」 という返答をしたのも、こういう伝統から生まれたユーモアなんでしょうね。

まあ何が言いたいのかというと

擬人化萌え

ストライクウィッチーズ 少女×兵器萌え

ということでおやすみなさい。


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<選択肢 | 坂の途中 | 四年に一度の>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。