~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
10/12 GvG
2008-10-14 Tue 02:00
久しぶりに書きます。
AX+クリエ

今回は私の所属するギルドで大事件が起きました。幹部であるskmtさんや、RNさんが欠席だったのを見計らってか、幹部メンバーの悪政に耐えかねた一般メンバーが反旗を翻したのです。
この暴動によってGvの参加者は激減、さらにGvに参加する一般メンバーも、今回は幹部クラスとは別行動をとらせてもらうと言うことになり、ギルドとしては2G体制でありながら、完全に別行動という歪な状況でのGvとなりました。

私は付き合いの関係で反乱軍サイドで参加させていただきました。しかし、幹部の指揮から離れてしまったため、みんなどこへ行こうかとおどおどしてしまい、どの砦に行っても後手後手に。
到着したら既に崩れていたり、戦いが終わっていたり。そんな感じで1h経っていました。

確保戦になり、事件を聞いたRNさんが急遽帰宅、一般メンバーとの和解交渉に入りました。ギルドは別々のままでしたが、一応は共闘するという形になります。(一般メンバーのGはろくなGvができなかったので暇だったのです)

確保戦
V3清流自己遅延 攻めMSL FGPのF
Fが割ってMSLとの競り合いになりますが、MSLマスターの高速且つ正確無比な高飛びに完璧な封鎖が相俟ってこちらのマスターは討ち死。完璧に競り負けます。
そのままMSLを攻めますが、まったく歯が立ちません。SGだけで味方が消えて行き、前衛職ですらWiz地帯に辿り付くのは不可能でした。
これはV3はおろかレース砦ですら落とすのは不可能だったでしょう。風鈴が落とせなかったのも頷けます。
さらに防衛をしながらBLSMを手玉にとってこちらを追撃するようコントロールするほど政治力と外交能力に長けていることも判明しました。
MSLはもはや上位といっても過言ではないでしょう。
相手のあまりの強化ぶりにこちらの戦意は大いに衰え、そのまま宿無しと相成りました。

内憂外患というやつですね。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | 坂の途中 | 二兎を追うもの>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。