~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギルド選び
2009-01-15 Thu 19:22
あなたは何故今いるギルドに入ったのでしょうか?

ギルド(マスター)と一般メンバーには、支配‐被支配の関係とも言い換えることができますね。

~をしてはいけない(ギルド規約など)、~しないといけない(Gv参加、ギルハン参加)など、ギルドに入る以上は一定最小限の服従意欲が必要になるわけです。

その服従意欲にはどんなものがあるのか考えてみる。


・盲従
一個人に対する盲目的な信頼から来る服従。姫プリに対するアサシンさんや商人さんがこれ。人間関係や情緒的なもので、その人がいるから入っている。その人が抜けるなら抜けるというもの。

・被操縦
無意識にここにいるのが当たり前になっている状態。しかし実際は幹部陣(支配層)が一般メンバーに対して服従しているという事実を自覚させずに服従させることに成功している状態。一番平和的かもしれません。

・信従
一般メンバーがギルドの方針に正当性を感じ、それに従うことに納得しているもの。某ギルドを誅殺するというスローガンを掲げ、そのためならギルドの方針に従いますって感じ。カリスマ性とかもこれ。

・賛従
勧誘や説得から進展する同意に基づく服従。南のギルド勧誘はこれでしょうか。

・欲従
服従することにより、利益が与えられるというもの。ここに入ればすぐにLvが上がる、ボス狩りに参加できる、Gv俺TUEEEできる。などでしょうか。

・忍従
従わないと自分に被害が及ぶもの。脱退したら何か問題起こした証拠SSアップするぞ、みたいな。


これらが複数混合し、相互に作用しているのがギルドにいる理由となります。

みなさんはどれにあてはまるのでしょうか?


1.5倍の反動から未だに立ち直れない……。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<同盟の経緯 | 坂の途中 | 同盟名>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。