~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
分かれ目
2009-03-29 Sun 00:40
ある時点では人数や戦力が同レベルだったAとBという勢力が、後にAギルドは上位ギルドと呼ばれるまでに成長し、Bギルドは下位クラスにまで落ちぶれていた、なんていうことは、よくある光景だと思います。

これは、Aギルドの方が飛び抜けてが優れていた、というわけではありません。(結果的にはそうなるんだけど)
AギルドとBギルドの僅かな差、ほんの少しだけ人数が多かった、ほんの少しだけ良い砦を取っていた、ほんの少しだけブログ持ちのメンバーが多かった……etc など、Aギルドの方がほんの僅かだけBギルドよりも何かしらの点で優位を持っていたという点があります。

同じギルドのカテゴリー、例えば中堅勢力で同レベルのギルドがあった場合、新規でGvギルドに入ろうとしたとき、どちらを選べばいいのか。その時に、この僅かな差が効果を及ぼしてくるのです。
AギルドとBギルドは一見同レベルのように見えるが、僅かにAギルドの方が優れていた、じゃあAギルドに入ろう。すると、それに続く人から見たらどうなるでしょうか。
始めはほんの僅かだったAギルドとBギルドの差が、また僅かですが開いてしまいました。そしてその人がまた同じ中堅でもより優れていると思ったAギルドに入る。更に中堅ギルドに入ろうとする人からAギルドとBギルドを見たら……。

このように、始めは僅かな差だったものが、後々に重大な影響を与えてしまうことがあります。そして、一度決定的に差が開いてしまってからでは、それを覆すことは容易ではありません。
私がROを始めたときに、風鈴とロリビは当時から鯖のトップに君臨していました。昔のことは知りませんが、サービスが始まった初期に人を多く抱え込んだギルドは、この最たる例ではないかなと思います。

人が多く所属しているということは、それだけ媒介者を抱える可能性が高くなるということにもなります。
媒介者とは、ブログを書いている人であったり、特段に(ROで)社交的なひとだったり、色々なギルドに顔が広い人だったり、同人作家だったり、そのようなタイプの人が媒介、コネクターとなり、外部のコミュニティーに情報を伝播させる役割を担っているのです。
ブログで毎日狩りの日記を書くだけで、外部から見ればこのギルドは活発なギルドだ、という印象を与えることができるのです。
「媒介者のいるギルド」それが、ギルドの興廃にいい意味でも悪い意味でも影響を与えるのです。

そういう意味で、まだギルド間格差が酷くなかった時期にラグナロ娘を抱えていたギルドは、ものすごいアドバンテージを持っていたと思います。


何が言いたかったのか忘れました。
別窓 | RO | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<3/29 GvG | 坂の途中 | WES>>
この記事のコメント
最後の2行を見た瞬間盛大にふいた
2009-03-30 Mon 02:03 | URL | ベルゼ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。