~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
3/29 GvG
2009-03-30 Mon 02:13
クリエメイン

何かGvの半分くらい偵察してた気がします。

L3玉犬攻め
恥を忍んで全軍攻めです。スタダは無しの4分から突入。1度目で私は蒸発したけど他の人がWiz帯とか食い込んで被害を与えた模様。2度目でロキ崩壊、相手はイナバに移りますがそのまま制圧します。
攻め開始から制圧完了まで大体6分くらい。
商業値落として撤退。

V1G-DASH防衛
かなり重かった。ブーンしてクランクで耐えまくる。10秒くらいのラグがあったので先行入力しまくってたらチェイスEMCが決まって鯖キャン。その後は解除された模様。リベンジせずに撤退。

V3マリオ防衛 攻めこげ天 ロリビ
全排除指示。こげ天とロリビはマリオと私たちに挟撃される形でした。最後はマリオのイナバを制圧して撤退。

後はSE取ったりV2でロリビ別働とやりあったりで6砦。
いずれの攻めも一度の突入で終わったので戦闘時間は驚くほど少なく、ずっと偵察任務な感じでした。偵察好きですけどね。
情報の管理が徹底されてきた感じで、砦選定もうまく行った気がします。

以下天地人の感想




大河補正が入ると武田との密約もこんな美化されるんだなぁという感じ。北条時宗とか徳川家康みたいな、どう見たってお前が悪者だろうという物すら美化してしまうのに比べればマシですけれどね。
ということで、対織田の同盟まではいいんですが、上杉と武田が結んだことに北条がぶち切れて、織田と協力して武田が滅んでしまうわけです。当てにしていた上杉も織田に攻められて武田に援軍を送っている場合ではないという。
結局、武田は上杉と結ばずに、北条と共に上杉を攻めていれば、まだ滅亡は免れたかもしれませんね。

織田信長って、残虐とか冷酷なイメージが作り出されていますが、降伏した者には結構手厚い待遇をしていたりします。
城を任せたこともありますし、国一つ与えたこともあります。松永久秀のように一度裏切った者すら再度仕えることを許しています。というか柴田勝家、林秀貞ら織田家筆頭格の人物すら、初期は信長に反抗していましたが、信長に許され、結果的に一つの方面軍を任されるまでになっていました。京の馬揃えで、信長は同じ織田家出身とはいえ、滅ぼした敵の息子を自分の息子と同じ序列で扱ったこともありました。(ちなみに四国方面軍のナンバー3まで出世している)
元々敵であろうが、自分の軍門に下る人には許すどころか登用し、能力さえあれば見合った地位すら与えていたのでした。

信長の残虐エピソードは大体が江戸時代に作られた捏造話で、史実の比叡山焼き討ちにしても、古い宗教勢力だから焼き討ちにした、なんて短絡的な理由で攻めたのではありません。
有岡城の皆殺しも、荒木村重が最後まで降伏しなかったというのもありますが、裏切ったらこうなる、という見せしめという理由がありました。
そして、見せしめの虐殺というのは何故か他の大河では描かれませんが、豊臣秀吉にしろ伊達政宗にしろ徳川家康にしろ、やっています。特段織田信長が残虐というわけではないんですね。

大分反れましたが、武田勝頼は長篠の合戦の時点で織田家に降りるか、謙信亡き後は北条、徳川のどちらかと好を通じていれば、滅亡することはなかったと思います。

歴史にifはないけどねー。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<エンドレスタワー実装 | 坂の途中 | 分かれ目>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。