~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
次世代機
2009-04-08 Wed 20:00
F-22の生産中止で、結局ラプターは日本のF-X候補から外れることになってしまいました。

これで実質F-35かF-15SEの2択(無いと思うけどタイフーンか、純国産機開発の4択)になったわけですが、どちらも結構わけあり機で、すぐに決められるようなものではありませんね。

日本は隣の国からは軍国主義復活とか言われていますが、保有する戦闘機の数が限られている上に上限をどんどん減らされています。

なので、他国のように安くて普通の性能の機体をいっぱい買うという、いわゆる「戦いは数」の戦術が取れません。

だから、一年戦争末期のジオン軍のように、数は少なくてもいいから一騎当千の機体を揃える必要がありました。
F-35、F-15SEをジムとするならば、F-22はモビルアーマーなわけですね。

しかし、F-35は未だ開発中で安くなるかどうかさえ不明、F-15SEは既存のF-15に空母艦載能力を付与したものですが、肝心の空母を持ってないという。

中途半端な機体を次期F-Xにするならば、F-22を越える機体の開発を待つか、F-2に続く純国産機の開発をした方がいいかもしれませんね。

性能が良過ぎて他国に輸出できず、開発費を回収できずに生産中止に追い込まれるというもの困ったものですね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<増えました | 坂の途中 | 文化の違い>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。