~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
北へ。聖地巡礼 その6
2009-07-13 Mon 22:23
翌日は曇り。雨よりはマシです。

朝一
早朝から朝市へ。こんなところに温子のような可愛い子が売り子をしていたら、ほんと看板娘になるだろうなぁ。

いか4new0
イカのグラスが本当にありました。
イカをその場で釣って捌いて食べることができます。次に来る機会があったら是非食べたい一品です。

三色
三色丼。久しぶりにまともな食事をしたような……。
湯の川温泉に宿泊すると、場所によっては朝食を朝市で食べることができるそうです。向かいの人がそんな感じだった。

イカ広場
イカ広場。何もないです。

イカ広場2
泣くためには釣りをしているおじさんに思いっきり接近しないといけないわけですが。。
流石にそこまでする勇気はありませんでした。人いなかったらやるんだけどなぁ。
夜はライトアップされるんでしょうね。

五稜郭タワー
続いて五稜郭タワーへ。

タワー
函館に来て五稜郭を見ないのは観光客のモグリになってしまいます。
中は五稜郭の歴史。
幕末って新撰組辺りは人気あるけど、函館戦争の詳細を知ってる人って余りいないんじゃないかなぁ。
結構勉強になります。

トップス
トップスも閉店してしまったようです……。残念。

グラス
グラススタジオリベンジ。ドラえもんがいました。

グラス2
ターニャの写真はやはり無くなっていますね……。

ベイ
車が多いです。外国の観光バスもいました。

坂4new0
坂が多く、一つ一つに名前がついています。
学校の目の前が観光地ってどうなんだろう。団体客が写真を撮っていました。
名前こそ出てきませんが、温子の通った女子高というのはこの学校がモデルでしょうね。ちなみに共学です。

教会
ハリストス教会から見た元町教会。
この周辺には、カトリック、プロテスタント、仏教、神道と様々な建築物があり、宗教なんでもござれな感じです。

DSC00493.jpg
ハリストス。入るには献金という名の入場料が必要になります。しかし内部は写真禁止……。
ちょうど鐘の音を聞くことができました。
最初は何でガンガン寺なんだろうと思いましたが、なるほどその通りですね。

ロープウェー
「函館山って夜景が有名だけど お昼の景色もいいのよ」
いよいよ函館山へ登ります。
駅前からバスの方が安いですけどね。

函館山
寒い。

函館山2
目の前にターニャはいない……。
告白するような場所じゃないな、うん。

外国人墓地
外人墓地。ここって観光地なのだろうか。
お盆と重なったせいか、近くのお寺のお墓参りにものすごい人が来ていました。
バスも観光客は皆無。ご老人ばかりでしたね。

モーリエ
カチューシャの移転地。名前を変えてモーリエというお店になっています。ロシア語で海ですね。
ピロシキ
ピロシキと紅茶のセット。

ロシアンティ
紅茶はもちろんロシアンティ。ブルーベリーティーにバラのジャムだそうです。
お茶は好きだけど、珍しい組み合わせです。
北関係の物は発見できませんでした。どうやら別の映画でも登場したらしく、そっちの方が有名なんだろうか?

啄木
バスで啄木小公園へ移動。

啄木2
隣に土方歳三の博物館?がありましたが、流石に五稜郭行った後だといいやという感じ。

啄木3
さて、やるか……。

啄木4
「なんとなく北へ 行っちゃおうかな」
風がものすごく強くて普通に歩くだけでも危ないんですが……。
こんな場所を飛び回る温子ちゃんはなんというバランス感覚の持ち主なんだ。その割にはイカを。。
そして明らかに近くの人に見られて変人のように思われているのでそろそろ撤退。
函館空港
函館から空港まではバスですぐです。羽田や成田も見習ってほしいですね。

雲
そして東京へ。

感想
http://tugumin.blog58.fc2.com/blog-entry-462.html#more
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<北へ。 旅を終えて | 坂の途中 | 北へ。聖地巡礼 その5>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。