~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
過ちは繰り返しません
2009-08-07 Fri 23:39
うちはチャンネルがNHKにほぼ固定なので、この時期になると原爆の特集ばかり見なきゃいけないわけです。そういえば今年も蛍の墓やるみたいですね。

広島では64回目の原爆忌。去年は中国が初参加とか言ってたけど、今年は余裕で欠席。やっぱり去年来たのはオリンピック絡みでしたか。オバマも核廃絶とか言ってる割に欠席。そういう人なんだろうね。

で、広島の市長がアキバというので、その単語にどうしても反応してしまうのですが、彼の言う「過ちは繰り返しません」とは、何を指すのだろか?

アメリカ様に逆らったことが過ちだったのでしょうか。それとも原爆投下を防げるほどの抑止力や、原爆を落とされても倍返しにできるくらいの軍事力が無かったことが過ちだったのでしょうか。

どちらにせよ、原爆投下という過ちを繰り返さないためには、アメリカに逆らってもいいような強国になるか、完全にアメリカの傘下に入る属国になるかだと思うのですが、

日本が軍事力を持つのも嫌、アメリカのいいなりになるもの嫌だというダブルスタンダードを貫く広島市長的にはどちらなのでしょうね。

まあ日本も核武装しろとまでは言わないけど、折角アメリカの核の傘があるんだから、非核三原則なんか無視して、「日本国内にはアメリカの核があるけどいいの?」と、堂々言っちゃえば、外交カードとしては十分に機能します。

EUにも、核武装してないけどアメリカから核を借りてますというふざけた理論を展開して、ロシアあたりを牽制している国だってあります。

アメリカの力を借りたくないなら、H2ロケットといつでも核を生産できる設備だけ整えて、核は持ってないけど、いざという時はすぐにでも量産できる、というアピールくらいはしておいても損はありません。日本がいくら核を持たないといっても、IAEA最大のお得意様はどうせ日本なんだし。

要は、相手に使わせない抑止力があればいいわけです。実際に核武装をしなくても、「もう国内に核兵器があるかもしれませんよ?」とか、「何かあればすぐに作れちゃいますよ?」というので十分なわけです。

非核三原則を破棄するだけでも大分違いますね。

平和平和言っているだけが外交ではありません。イスラエルはその辺うまいですね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大正野球娘 | 坂の途中 | 育成>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。