~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オリンピック
2009-10-06 Tue 13:38
日本は落選。
私は決勝まで残ってぎりぎりでリオに勝つと思ったんですけどね……。

こういう人たちが会場まで来るなんて、立候補した国で日本くらいだろうな。バックにどんな組織がいるのが容易に想像できてしまうのがあれですが。

敗因は色々あるけど、反対する勢力が最後までいて、国をあげて賛成と表明できなかったことが痛いです。
石原を嫌う民主やマスコミも反対勢力だったはずなのに、民主政権になった途端に急に宣伝し始める始末。温室効果ガス25%削減で利害が一致したためだろうけど、時既に遅し。

マスコミは洗脳するのが仕事なんだから、本来こういうところが動かなければいけない。一方向へ雪崩を打つ国民性なんだから、支持率最下位ってのはほんといただけない。

特に足を引っ張っていたのが団塊以降の老人の世代。10~20代の若者限定で言えば8割近い支持率だったらしいが、どうやら老人が反対していたようだ。要は、過去にオリンピックを体験している世代。こういう人たちはオリンピックと言えば発展途上国型の開発のためのオリンピックとしか想像ができない。今回東京が表示した環境型、未来型のオリンピックという概念が理解できなかった。同じ理念のシカゴが即行落ちたあたり、IOCも似たようなものだが。。

東京は北京でやったばかりだからとマイナス評価を受けたのに、決選投票まで行ったマドリードなんて2012年のロンドンでやるのが決まっていたのにかなりの票を集めていた。IOCから見れば同じヨーロッパでも別地域扱いなのでしょうかね。

結局、ヨーロッパが票をかなり持っていたということでしょう。なんたってIOCのメンバーって、スペイン出身のIOC前会長が直接指名した人ばかりだしね。アメリカ大陸で2票しかないのにイタリアだけで5票とか持ってるしな。シカゴが即行落ちるわけだ。

最後はリオとマドリードの決戦となり、シカゴ、東京票のほとんどがリオに入りブラジルに決定。それだけマドリードは固定票だった。

ブラジルはワールドカップの二年後にオリンピックだなんて、景気がいいことこの上ないですね。
日本は治安、インフラ、財政、全ての面で総合トップだったのに敗れた。それらが劣っていようが、大陸初と言うのは強力だったみたいです。

まあ、前回の東京オリンピック招致の時の売り文句は、「アジアで初のオリンピック」とかで、今回のリオと同じパターンで勝ってた訳ですから、あまり文句は言えません。
ブラジルなら応援できるし、いいんじゃないでしょうか。四季と時差が真逆なので日本人には辛そうですが。

落ちたことをトラウマにせず、日本はこれにめげずにオリンピックかワールドカップの招致を頑張ってもらいたいですね。リスクを背負うことを極端に嫌う国民性をどうにかしなきゃらなないけど……。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ロードオブデスカード | 坂の途中 | 10/4 GvG>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。