~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
遅疑逡巡
2009-10-30 Fri 02:45
ギルドが現在進行形で衰退しているのは、私のギルドに限ったことでは決して無くて、恐らく全てのギルドが(他ギルド解散による一時の吸収合併があるにせよ)メンバーの減少に陥っていると思います。
これはもはや、鯖統合等の非常事態が起こらない限りは、三次が来ようがR化が来ようが、止まることはできなくて、戦力の固定化による出来レースのGvを毎週続けているだけと言う、Lisa全体が言いようの無い悲壮感とか閉塞感のようなものに包まれていたと思います。
Gv鯖と呼ばれた過去の威光は露と消え、志のある者は無謀と謗られるようになり、どこまで変化の無いGvを続けるのか、どこでROを終わらせるかという、無気力な人となっていきました。

私はROを始める最初の切欠からGv目的で、そのためか最初の2年くらいはMMOの醍醐味であろう他人との交流に関しては(Gv以外は)特に希薄で、何で他人と談笑しなきゃいけないのだろうとか、普通に思っていました。
狩りだって(今も変わりませんが)Gvのためのレベル上げで苦痛を伴うものでしかなく、日曜以外のROは全てGvのための準備と割り切っていた節がありました。
それが前のギルドでSkpやらIRCを導入して、(全員ではありませんが)建前だけではなく、馬鹿なことを容認、というか見逃してくれる割と自由な雰囲気のギルドに入って、Gv以外のボス狩りとかGv職以外の育成とか、Gv以外の拠り所を見つけたかのように思えていました。今思えばこの時が最盛期だったと思います。

しかし、そのギルドも解散してしまい、外から見たら同じでも、中から見たらやっぱり別物で、そこで一向に代わり映えの無いGvを続けていくのかというと、どうしても以前の気力を保てないでいました。解散前のギルドで中心だった人物ほど、その反動が大きかったようにも思えます。
私が始めて出たGvは2hメテオオンラインで、次のGvは2h田植えオンラインでした。それでも、志のあった頃のGvは楽しかったものです。

私のギルド以外でも、Lisa全体で結構な人がいつまでROを続けようかというモラトリアム期間であったと思うし、切欠さえあれば雪崩をうって引退するような、危うい状態にあったんじゃないかと思います。
そういう意味で、前回のMSLを中心とする祭りは一服の清涼剤であり、やられたロリビにしても、良い意味で刺激になったと思います。
一度経験したからわかりますが、敵のいないGvと言うのは非常につまらないものです。(神器やパワーカードで一般人を虐殺できる層はまた違うのかもしれませんが……。)

昔は良かったと言うようになってしまっては自分もそろそろ危ないかなと思ってしまうのですが、何とも。
ROを辞めるなら、引退すると騒いで醜態を晒すよりも、ひっそりと消えたいですね。


私より後にROを始めた人が私より先に引退するのを見てしまうと、色々考えてしまうのです。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<11/1 | 坂の途中 | 10/25 GvG>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。