~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
12/6 GvG
2009-12-07 Mon 02:32
感想らしい感想が思いつかない。

この規模のSE砦なんて守った方が勝つと前から言っていたわけで、
恐らくBMSLも戦艦大和の特攻の如くそんなこと承知の上で攻めてきているんだし、予定調和とはいえ、ああやっぱりなという感じ。

先陣にEMC+空気、後詰に玉犬の多段防衛。うちらは遊撃というか空いた穴埋めというか補助的要員。
編成段階では重力防衛は極力避けたいと言うことで色々工夫した結果、Vf1に比べて大分マシな重さとなりました。
この程度ならAXで出ても良かったかもしれない。ということでクリエメインでした。
相手のアスプリカはLKが主に使っていたのでしょうか?ADSを警戒してかゴス固定が目立ち、耐久力は上がったものの、各種状態異常にかかり、生きてはいるけど前には進めない、という印象がありました。
どちらにしろ、アスプリカの有無に関わらずロリビのLK相手にADSで落とせるとは思っていませんけどね。

先陣のEMCラインは何度か危ない雰囲気がありましたが、それでも後詰の玉犬の出る幕はありませんでした。
私は玉犬付近の配置だったので、割と余裕があった。たまに抜けてくる金チェイスの人はよく抜けれるなぁと常々思う。装備が恵まれてるのもあるけど、PSもかなりのものですね。
1.5hくらい守って守護石で完封。経費は先週の半分。防衛だと安上がり。

そういえば、誰かが重力下のGvでも、ラグを考慮した重くなった時の戦略とやらで落とせる、みたいなことを言っていたみたいで、
Gv中暇なのでみんなでどれがその戦略なのか考えていたんですけれど、結局わかりませんでした。
プラチナ部隊はうちらもやってたし、前衛陣のアコアクセとかでしょうか。そもそもVf1と比べると重力というのが申し訳ないくらい動けましたから、平時と同じ戦略だっただけかもしれません。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<協定を18世紀頃のヨーロッパにたとえると | 坂の途中 | 色々意見はあると思うけど>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。