~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
262の法則
2009-12-16 Wed 12:22
組織というものは、優秀な者が2割、普通の者が6割、使えない者が2割になりやすいという法則があります。
つまり、エースユニットがギルド・同盟に2割、普通の人が6割、正直使えないけど人数合わせで残っているというのが2割ということになります。
そして、エースの2割や使えない2割を排除しても、普通の人が頭角を現したり、堕落したりしていって、結局は2:6:2の構成比になります。
だから、全員がエースというギルドは存在しません。ロリビのエースが光っているのも、残りの8割の人が支えているからに他なりませんし、うちのギルドも全員がエースクラスということはありません。

る○とかツキノ○グマとかアレ○とかMAJES○A

る○は弁解のしようがないのですが、残りの三人は下僕LK四天王の内の三人です。もう一人のmさんが頭一つ抜けているので霞んで見えるだけですが、デビルガンダム四天王だってマスターガンダムとそれ以外とで全く強さが違うじゃないですか。あれと同じです。
mさんは敵を倒すことに特化している面がありますから嫌でも目立ちますし、アレ○さんとMAJES○Aさんはmさんを生かすために仕事をしています。○グマはその3人が全力で戦えるように裏で色々やっています。痒いところに手が届く感じ。
Gvはどうしても敵を倒す人(LK四天王で言うmさん)が花形でエースに見えてしまいますが、mさんがエースとして存在できるもの、裏方があってこそなんですね。要は仕事の分担ができているだけです。

まあ、彼らが雑魚だったら私はオーラミジンコですね。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ネタがないなら板を見ればいいじゃない | 坂の途中 | 12/13 GvG>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。