~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
続DQ6
2010-02-04 Thu 11:16
DS版DQ6で、天空編の時系列が6→4→5ということが公式設定となりました。
どんな感じなのか天空編の歴史をちょっとまとめてみる。
自分用メモともいう。

【DQ6以前】
名称不明の魔王が存在。
ダーマ神殿により勇者が誕生する。
ラミアスの剣、スフィーダの盾、オルゴーの鎧、セバスの兜を使用した勇者の活躍により平和が訪れる。
これら装備は伝説の装備として祀られる。

デスタムーアが世界征服を開始。
ダーマ神殿、カルベローナ、メダル王の城を滅ぼす。→夢の世界へ逃れる。
ダーマ、カルベローナが滅ぼされ、人間世界の魔法がゆっくりと衰退を始める。
(5の時代ではルーラが古代の呪文となっている)
デスタムーア、夢の世界の存在を知り、4魔王(ムドー、ジャミラス、グラコス、デュラン)を派遣。
オルゴーの鎧を所有するグレイス城へ攻撃開始。
グレイス王、デスタムーアへの対抗手段としてダークドレアムを召喚、失敗し滅びる。
ゼニスの城がデュランに制圧される。
レイドック王、ムドー討伐を開始するも敗れる。
レイドック王子、ムドー討伐を開始。

【DQ6】
レイドック王子、ムドーに敗れ夢の世界へ封印される。
レイドック王子により伝説の装備が集められる。
4魔王がレイドック王子により倒される。ゼニスの城が開放され、狭間の世界を知る。
デスタムーアが倒される。
夢の世界が消滅。

【DQ6後~DQ4前】
デスタムーア消滅により、エスタークが魔王となる。
エスタークと天空人の間に戦争が始まる。ゼニス王死亡。
この大戦により人類、魔軍共に大きな損害を被る。
レイドックをはじめとするDQ6時代の国々は衰退、滅びる。
天空人とマスタードラゴンにより、エスタークをアッテムト地方への封印に成功する。
マスタードラゴンを神とする信仰がはじまる。ゲント信仰、ルビス信仰、レイドック王子の伝説が途絶える。
ラミアスの剣、スフィーダの盾、オルゴーの鎧、セバスの兜はそれぞれ天空の装備、ゼニスの城は天空城と呼ばれるようになる。
レイドックの末裔と天空人の娘との間に勇者が生まれる。
デスタムーアに続きエスタークをも失った魔族は衰退の一途をたどる。
魔族の皇子・ピサロが魔族復興のために立ち上がる。ピサロを中心に魔族が結束。
ピサロ、人間に迫害されるロザリーと出会い人間界への侵攻を決める。

【DQ4】
ピサロ、勇者の暮らす村を発見し襲うが失敗に終わる。
勇者、伝説の装備を集める。
人間界へ送った魔族が次々と敗れる。
エスタークの封印を解こうとするも、勇者に寝起きを襲われ再び封印される。
ロザリーが人間に殺害される。ピサロ理性を失い進化の秘法を使ってしまう。
デスピサロ、勇者に敗れる。
天空装備は勇者一行にそれぞれ封印される。

【DQ4後~DQ5前】
魔族はピサロまで失い、完全に衰退する。
人間の中に、魔物を改心させるエルヘブンの民が現れる。
人間であったミルドラースが神になろうと力を求めた結果、魔族に堕ちてしまう。
エルヘブンの民でもミルドラースを人間に戻すことができず、ミルドラースは魔界へ封印されてしまう。
天空城からオーブが流失し、天空城は水中へ落下。マスタードラゴンの力を失う。
天空人の血を引く子どもがルドマン、アルカパの宿屋夫婦にそれぞれ拾われる。
ミルドラース、人間界への侵攻を決めるが、自身は魔界を出ることができず、ゲマ、イブールを派遣する。
ゲマ、イブール。光の教団を立ち上げ、人間の洗脳を始める。
エルヘブンの民、危険を察知する。パパスの妻マーサが拉致される。
パパス、伝説の装備と勇者を探す旅に出る。

【DQ5】
勇者が生まれる。
パパスの息子により天空装備が集められる。
天空城、マスタードラゴン復活。
イブール死亡、教団滅亡。
勇者に魔界に乗り込まれる。
ミルドラース敗れる。
エスターク復活するも自分が何者かすら思い出せない。再び眠る。
~終~


こう見ると魔族の全盛期はDQ6でしたね。
デスタムーア、エスタークと優秀な指導者を立て続けに失った魔族は、いわば敗戦国のような状況。
そんな中現れたのがカリスマ性を持ったピサロでした。ナポレオンやヒトラーのような感じでしょうね。
ピサロのもと一時は結束した魔族でしたが、カリスマの死亡により一気に瓦解。衰退期に入ります。
DQ5の時代には世界征服しようという指導者すらおらず、元人間のミルドラースを闊歩させている状況でした。
ゲマ、イブールと魔界と人間界を行き来できる優秀な魔族も残ってはいましたが、
過去の歴史を反省してか武力による侵攻はとらず、人間を洗脳する方法を取りました。
総司令官であるミルドラースが魔界を出れない時点で、ゲマ達は武力侵攻を諦めていたのでしょう。
DQ5は主人公の人生は悲惨だけど、世界的には子どもが拉致られたり変な宗教が立ち上がったりはするものの、
魔物に滅ぼされるとか戦争が始まるといった危機は無く、基本的に平和だったしね。

ということでDQ6クリアしました。
遠い未来を選択したデスコッドがカオス。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ポニョ、せんそう、すきー! | 坂の途中 | DQ6>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。