~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
レポなんてなかった
2010-02-22 Mon 12:11
Lisaの外交・交渉は、伝統的に個々人の感情論が優先され、ギルドの国益調整能力が発達していなかった。
人的資源が貴重なLisaでは仕方がない面もあろうが、それが自縄自縛となり、身動きのできない勢力がほとんどであった。
このような状況によって、特定勢力による垂直的な、覇権安定的な手法で長く秩序が守られてきた節がある。
そんな中で結成されたのが「entente」=協定である。本来ならば協商とするべきであろうが、協定の方が普及してしまった。
この「entente」というのは、見解や利害の相違を認識した上で、理解し合える点や一定の問題に限定した同盟に至らない協力関係である。
ギルド関係を構成する要素、方針や価値観、メンバーの人間関係に至るまで、多様かつ複雑化する中で、同盟関係を構築するというのは難しい。
しかし、同一目的のためにあらゆる手段を提供し合う同盟関係に至らなくても、一定の見解や目的を共有する、ギルド間で協調を保っていく「entente」という考え方に立って秩序を構築していこうというのが、協定の方針であった。
当初はほとんどの人に理解してもらえなかったが、つまりは「小異を残して大同につく」協力関係である。
まえさんをはじめ、協定構成ギルドのマスターがこれを理解しているおかげで協定ができたと言ってもいい。
このような同盟に至らない、ただし既存の同盟は排除しない並存可能なソフトな関係は、多極化あるいは無極化時代の関係構築としてはベターなものではないだろうか。


そういえばメギン作れたようですね。
一ヶ月くらい前からちまちまクエストを進めていましたし、私も微弱ながら手伝ったりもしました。
横から掻っ攫ったとか言われましたが、むしろ便乗されたと感じたのはうちらなんじゃないかな……。
そのくらいの発言権はあるくらいギルドとしてクエまわしましたよ。
仮に便乗だったとしても、協定以外に今さら配慮しなければならない相手なんておりません。
そもそも下僕に反感を持ってなく、尚且つ神器作成に興味がある勢力が協定以外にいるとは思っていませんからね。
現に前回便乗された玉犬はそれを水に流して協定を組んだわけですし、勝手に敵認定して敵対するのも構いませんが、
板でも言われている通り、その辺は駆け引きだと思いますよ。

ちなみにスレイプとブリシンがあと1セットずつあるみたいですよ。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<敵を知り | 坂の途中 | 群竜無首>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。