~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
鴨葱2
2010-03-28 Sun 03:41
Gvオンリーになりつつ現在、ネタの仕入先は板しかないのですが、静か過ぎてROについて書けませんね。

最近は洒落にならないぐらいSAが弱体化していますから、相対的に全ての勢力が伸びているように思えます。
前は15人規模と言ってたけど、今は10人規模じゃないかなぁ。レーサーと下位の間みたいな勢力だと思います。
平地戦ならば中堅くらいまで食い込めると思いますが、MSLとかロリビあたりが相手になるとキルレシオ4:1くらい必要になるので、もう無理ですね。下位相手でもSE砦に入られてバリケ設置されたらもう無理です。
下位になったのなら、下位なりの作戦を考えなければなりませんが、どうしたものか。

kpさんの言う通り、砦余りである今、どこかに恨みを買われてない限りは、早々宿無しにはなりません。
宿無しが続くような勢力は、基本的なところから考え直した方がいいです。
SAは今のところ基本的な抑止が成功していると先週のGvでわかりましたので、今のところはいいでしょう。
しかし、残念なことに敵が掃いて捨てるほどいるSAでは、いつまでそれが続くかわかりません。

それでは、格上に狙われてしまった勢力はどうしたらいいのか。

同盟ですね。
単独で立ち向かうのではなく、第三者に力を借りる。簡単な話です。
今までは簡単に倒せていた相手が、第三者まで手助けしたら厄介になると思わせる。
二勢力で無理なら三勢力、三勢力で無理なら……と、多勢力の同盟にすればいいだけです。
現在トップの同盟も、元を辿ればこれと同じお話です。

この点、協定の仕組みでは、この能力が制限されてしまいます。
この抑止が成功するには、相互の信頼と即応性が必要になるからです。
自分が攻められたら絶対に立ち上がってくれるのか、やられる前に援護に駆けつけてくれるか、ということです。
信頼が無ければ「どうせ見捨てる」と疑われてしまいますし、即応性が無ければ「援護が来るまでに潰す」だけのことです。
協定は解散してしまいましたし、旧祭勢力を見ても、Lisaで今のところこれが機能しているところはありません。

この観点で見ますと、同盟は非常に強力です。
共に行動をする、あるいはたまり場や日常まで共にするというのは、密接になりますし、信頼関係があるという証です。
何より砦を共有するということは、敵が自軍の砦を攻めた時点で、自動的に同盟相手も危険に晒されるということです。
したがって同盟相手は、我が身を守るために共闘して対抗せざるを得ないのです。

今度は相手側から見てみましょう。
実は格上勢力から見て、逆に同盟軍の方が脅威になっている可能性があるのです。
新興の鯖トップ勢力や臨時同盟というものは、大抵好き放題やらかします。
逆に今まで自分たちを虐げてきた勢力を脅かす恐れがあるのです。
そこで、今度は今まで格上だった勢力の方が、同盟を増やすなどをして対抗し、抑止を成立しようとします。

このような両者の抑止が上手く行くと、どちらも決定打を出せない、身動きが取れない状態になり、次第にお互いと戦うことを避けようします。
この状態になると、お互いに対立と不振が絶えないという反面、戦力的に優位に立った方が横暴になることや、一方的な粘着を防げるのです。

Gv的に楽しいかどうかは置いておいて、弱い勢力がどうするかという点においてはこれが合理的ですし、実際にそういう歴史を辿ってきました。
しかし、Gv的にはつまらないから、また振り出しに戻りましたし、また同盟云々の話が持ち上がるのでしょう。

こんなことを書きましたが、実際は格上の相手と戦うのではなく、その相手と仲間になってしまうというのが、一番手っ取り早かったりもします。
もちろんGv的に面白いかどうかは別ですけれど、強い相手は脅威ですが、逆に味方にすれば頼もしい存在になるのです。
敵対するのと仲間にするの、どちらが得なのか……。

BLSMはこの辺を非常に合理的に判断する勢力で、MSLへ同盟の話が板で出たときも、有り得るなと思いました。
立場上敵対勢力ですが、こういう考え方には好感を覚えるところです。

SAがどこかと同盟を組むことは有り得ないので、論外なお話ではあるのですけれど。
別窓 | RO | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<3/28 GvG | 坂の途中 | 浮気>>
この記事のコメント
MaEと組むだろうなーとはなんとなく予想してる
2010-03-28 Sun 12:30 | URL | 名無し #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
個人的に面白いと思いますが、両勢力の内情を鑑みるに、Maeとの同盟は十中八九有り得ないと言い切れると思います。
SAは同盟を組んでまで上を目指そうという気が更々ありませんし、
Maeさんの所は外部の人間がどうこう言える立場ではありませんので割愛しますが、
両勢力とも現体制のまま同盟を組むというのは不可能ですし、仮に同盟を視野に入れるとしても、候補にすら入らないのではないかと思います。
もちろん期間制限付きの協定として、再結集する可能性まで無いとは言いませんけれど。
2010-03-28 Sun 13:58 | URL | 月海 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。