~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
荒城の月
2010-05-13 Thu 23:59
単独で中堅最大の勢力というのは、それだけで目立つしブランド力がある。
昔の下僕がそうだし、更に遡るとルナがそうだった。そういうギルドは自然と人が集まってくる。

引退を考えている人が最後の興味本位で加入したり、
人が多いから狩りが豊富だと思って一般ギルドから加入したり、
コミュニケーションが多そうだと思って衰退期にあるギルドから移ったりする。
これらがほぼ同時期に起こるから、ギルドは急激に膨張をする。

しかし、衰退期はやってくる。

引退予定の加入者は狩りなど参加せず、数週Gvに出たらフェードアウトしていくし、
一般からの加入者はキャラが育てば消えていく。
衰退期のギルドからの加入者は、そのギルドが衰退期に入ると敏感に感じ取り、新たなギルドを求めていく。
これらは時間差でやってくるため、ギルドは少しずつ縮小していく。

どのギルドも、成長期、成熟期、衰退期のサイクルは訪れる。
同盟で数を水増しできない単独ギルドは、特にそれを肌で実感することになる。
人員の流動性は自然の道理なので、他者は何かと問題を見つけたがるが、ギルドが衰退期に入るのは仕方がない。
ここでマスターが折れるとギルドの崩壊は早いから、周りの人が支えてあげてほしい。


話は変わりますが、みゆるさんのところで同盟話が活発のようです。
私から見れば、現状のLisaではSAと同盟を組むメリットは少ないと思います。
というのも、前回書いた同盟話が根拠なのですけれど。

現在PLSMがトップで、頭一つ離されMaCとMSLが続き、後は団子状態のように思えます。
団子状態の勢力は、前回の話で言う「同格」となり、同盟を組んでまで同規模相手に勝ちたいとは思っていません。
仮に組めば仮想敵はMaCとMSLとなりますが、戦う相手が絞られてしまいます。MSLが格下いじめでもすれば脅威に思う勢力もありましょうが、MaCという丁度いい相手が出来たばかりなので無いと思います。

SAと同盟を組んでPLSMと対抗し得る勢力はMaCとMSLですが、MaCは組んだばかりで内政に力を注がねばならず、MSLは物理的心情的に無理ですから、やはり同盟相手とはなり得ません。
そもそも鯖トップを敵にするというのはコストがかかる上に見返りは少ないので、協定のような神器関係でもない限りもうないでしょう。

主要なGvギルドがSAと組む必要はありませんね。
そこでSAが仮に同盟相手を探すのであれば、団子状態に入れない下位・レーサークラスの勢力と言うことになります。
その辺、中堅スレの586は的を射ていますね。
私も塩犬は無いと思いますが、SAに足りないのは数であり、下位に足りないのは質であると鑑みると、SAとの同盟による相互補完性は高く、また他中堅から見ても団子状態が1勢力増え、対戦相手が増えることとなります。
SAを含め、下位勢力は戦力的に旧砦しか狙うことが出来ません。それが同盟によりSE砦も視野に入れることが出来るのは、はじめからSE砦も確保できる中堅には無いメリットがあるでしょう。
中堅ギルドも、新興勢力の登場はGv活性化の手助けになるはずです。
別にSAに限らず、上を目指す下位勢力は積極的に同盟を考えてもいいんじゃないでしょうか。

それかどこかに完全に吸収されるか
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<明日のGvは・・・ | 坂の途中 | 支配>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。