~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ワールドカップ
2010-06-10 Thu 00:26
流石にワールドカップ関連の番組が多くなってきた。
前回のドイツ大会でTV局は散々いけるいけると煽った挙句に日本は惨敗を喫し、実は日本が弱いことを露呈してしまった。
それでほとんどの国民はサッカー熱から冷めてしまい、残った一部のファンも直前期の4連敗でもはや勝ち目は無いという現実をまざまざと見せ付けられた。
そもそも地の利を活かしてベスト16まで行った日韓ワールドカップでFIFAランクを一気に上げた他は、格下としか戦わずにランクダウンを最小に留めてきただけで、正直そこまで強くは無い。
というかアジアのレベルがそこまで高くないのに韓国を永遠のライバルとか言ってる時点で程度が知れるというものである。
しかし、FIFAとしても日韓(中)が大会運営の最大のスポンサー様であるから、実力が伴わなくてもワールドカップに出れてしまう。出さないと放映権が売れないからね。
とりあえずサッカーに少しでも興味がある人は誰もが考えたであろうことだけれど、グループEの予想をしてみる。

1位 オランダ 3勝
2位 カメルーン 1勝1分1敗
3位 デンマーク 1勝1分1敗
4位 日本 3敗

オランダ1位突破は余裕。
2位は微妙なところだが、同じアフリカの地の利(と言っても気候はヨーロッパとそう変わらない)と、本気で戦う一戦目の相手が日本で大量得点可能ということで、得失点差でカメルーンが2位と予想。デンマークは逆に1戦目がオランダ相手にオランダのキャンプ地で対戦という可哀想な状態。
日本が2位になるには3引き分け且つカメルーンとデンマークも引き分けること。若しくは一戦目のカメルーン戦で勝てればもしやと言ったところ。幸い1戦目に勝ったであろうオランダの2戦目が日本なので、主力選手は温存してくるから、そこで引き分けに出来れば奇跡と言っていい。逆をいえば、他の3ヶ国とも勝って当然の日本相手に取りこぼしたらグループ突破は厳しくなるから、日本がダークホースといってもいいかもしれない。

ついでに他のグループも

Aグループ
①フランス「いけそう」
②ウルグアイ「いけるか?」
メキシコ「がんばればいける」
南アフリカ「地元パワーでいけそう」
順当に行けばフランスとウルグアイ。
南アフリカは地元の有利と、対戦国は応援に使う楽器の騒音に悩まされることになる。
まあだからと言って負けるほどのことは無いと思いますが。

Bグループ
①アルゼンチン「楽勝」
②ナイジェリア「2位狙う」
韓国「他に比べればマシ」
ギリシャ「2位狙う」
ここも順当。
韓国は少林サッカーで相手のワールドクラスの選手を破壊できればもしかしたら。

Cグループ
①イングランド「余裕過ぎる」
②アメリカ「2位いける」
スロベニア「無理」
アルジェリア「無理」
予選で一番余裕だと思っているのがイングランドのはず。2位のアメリカも順当。出来レース。

Dグループ
①ドイツ「そこそこいける」
ガーナ「たぶんいける」
セルビア「まあいける」
②オーストラリア「突破できる」
ドイツの頭が一つ抜けてるけど他は混戦。ドイツ大会でオーストラリアにボロ負けしたこともあってプラス補正で2位。

Eグループ
①オランダ「もちろん1位狙い」
デンマーク「2位狙う」
②カメルーン「2位狙う」
日本「ベスト4狙う」

Fグループ
②パラグアイ「2位いけるな」
①イタリア「おいしいです」
スロバキア「微妙」
ニュージーランド「無理」
イタリアとパラグアイ安定過ぎてつまらない。

Gグループ
②ポルトガル「1位狙う」
①ブラジル「1位狙う」
コートジボーワール「2位狙う」
北朝鮮「終了」
ドログバは闘莉王が友愛済みなのでコートジボワールは1位戦線から離脱。
順当にブラジルとポルトガルかな。

Hグループ
①スペイン「1位いけるな」
スイス「2位狙う」
②チリ「2位狙う」
ホンジュラス「無理ゲー」
スペイン安定のスイスとチリの2位争い。ホンジュラスは日本のような立場。

ベスト16
○フランス-ナイジェリア●
○イングランド-オーストラリア●
○オランダ-パラグアイ●
○ブラジル-チリ●
○アルゼンチン-ウルグアイ●
○ドイツ-アメリカ●
○イタリア-カメルーン●
○スペイン-ポルトガル●

ベスト4
○イングランド-フランス●
○ブラジル-オランダ●
○アルゼンチン-ドイツ●
○スペイン-イタリア●

準決勝
○ブラジル-イングランド●
○スペイン-アルゼンチン●

決勝
○ブラジル-スペイン●

ブラジル、スペイン共に毎回最終回の全力試合を続けることになるので、消耗し切ってどこかで滑るかもしれない。
イングランドあたりが割りと余裕のある対戦なので、意外と持っていく可能性がある。

予想している時が一番楽しいですね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Lisaの恥か | 坂の途中 | サクライJ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。