~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
MSLは将来脅威か
2010-09-17 Fri 23:15
まあ前回の続きなんですが……。

ROの中の戦力とは、経済力×人的資源×教育×技術力である。
ギルドは(三次でかなり緩和されてるけど)自身の経済力を超える人員を維持できないし、人数がいなければ話にならない。
狩り環境やGvの知識が無ければ能力は下がるし、技術そのものが低ければ能力も下方に動く。
そして問題なのは、この戦力には絶対的な尺度が無く、相手との相対的な比較が必要であると言うことが注意である。
例えば、自軍のLP役が未転生の旧型セージしかいないとしても、LP役そのものがいないギルドから見れば十分脅威となり得るという類の話である。

Gvにおいては、もしギルドAに対して攻撃をしたら、相手の反撃によって多大な被害を被る。目的を達成できなくなる可能性がある。と言う認識が、結果として攻撃を躊躇わせて抑制するという解釈が可能になる。
ところが、戦力を数値化するのは難しく、どの程度までやれば抑止が効いている、と言うことは事実上不可能である。
これを前提で考えれば、キラ・ヤマトの言う「「想いだけでも、力だけでも……」云々というのはまさにその通りで、どんなに大人数を保有するギルドであっても、それを報復に使うつもりはありませんと宣言する(も同然な)状態であれば、脅威と認識される度合いは一気に下がる(昔の玉犬)
ということは、逆に報復する意図や行動実績があり、かつそれを裏付けるだけの能力を持っているギルドであれば、脅威として認識される度合が高くなることになる。(昔の下僕)

そこで、現実世界では相互交流やら演習やらでお互いの手の内を見せ合って透明性の向上とか話し合いを進めているのだけれど、ROの世界ではそんなこと皆無でむしろ爪を隠さなければならない雰囲気にある。
それが結果として、得体が知れない、意図がハッキリしない相手は不気味に見えてしまう。真意が見えない相手ほど、実態以上に不気味に見えて、恐怖感が煽られてしまうのである(昔の下僕、現在のMSL)
だから、過去に相互交流を行ったり、手の内を見せ合ったりしているMACと空気(MSLとBLSM)などはお互いを脅威と認識することはないはずだけれど、得体の知れない相手は脅威のハードルがかなり低くなってしまう傾向がある。
始末が悪いのは、SAのように能力が無いのに、意思だけはあるケースなのだけれど。

次に敵味方の関係がある。
一昔のGvのように、多くても3極くらいに大別していた状態ならば、「敵の敵は味方」という見方ができた。
しかし、ここまで多極化したGvになってくると、「味方」の意味に御幣が生まれてくる。
協定vsBMSL派のように、一つの軸の両側で対立している場合には、一方に対して敵に回った側が、自動的に反対側の端につくことになると考えていい。
ところが、今はそんなにシンプルではなく、一つの砦を複数ギルドで取り合う図式になっている。そのばあい、「敵の敵が味方」と言えるのか。(むしろこの形が本来のGvの姿であって、風月から始まった一定期間が異常事態だったのだけれど)

ある軸で対立していても、別の軸においては利害の一致が必要ということも考えられる。すると、そちらを優先して、一見して敵対関係になりそうなのに、協力関係ができてしまうこともある。(ROでは協定がこれだったし、現実世界ではトルコと欧米の関係が近い)
あるいは、何も関係なく、国際社会から孤立した者同士がくっついて、大きい声ではいえないようなことを始めるなんて事例もある。(日独伊三国同盟だったり、SAとプレの臨時同盟だったり)
こうなると、もはや「敵の敵は味方」とかいうレベルの話じゃない。
日本人は敵か味方の二元論で考えやすくて、大戦前の独ソ関係を見て複雑怪奇とか言っちゃったりしているんですけれど、実際には、「本当の味方」「今は敵ではない」「敵だけど害は少ない」などといった、分類が必要なんじゃないかなと思う。

何が言いたいのかと言うと「敵の敵だから味方に違いない」とか、「敵の味方だから敵だ」とか単純に考えて、あそこは同盟を組んでると思い込んでしまうのはどうなのかなというお話。
別窓 | RO | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<残光 | 坂の途中 | けいおん最終回>>
この記事のコメント
タイトル:MSLは将来脅威か

結果
何が言いたいのかと言うと「敵の敵だから味方に違いない」とか、「敵の味方だから敵だ」とか単純に考えて、あそこは同盟を組んでると思い込んでしまうのはどうなのかなというお話。

ごめん久々に意味不明だからつっこんだ
もしかしたらMSLをBLSMの味方だと思い込むのはどうなのよ?って話してるんかもしれんけどね
それ以外だと意味不だわ

とりあえず三行でおk
2010-09-18 Sat 03:57 | URL | 名無し #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
脅威云々の話は序盤~中盤あたりですね。
中盤~後半は割りと前回の続きの色合いが濃いです。
三行。
2010-09-18 Sat 10:48 | URL | 月海 #-[ 内容変更]
要するに
得体が知れなくて不気味に見えるだけで
大差ねーからびびってんなカス共って事だな
2010-09-18 Sat 20:12 | URL | 名無し #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
ちょっと違いますが、前半部分の結論をあえて書かなかった以上、そういう捉え方があってもいいと思います。
2010-09-19 Sun 00:36 | URL | 月海 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。