~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
いつの間にか船長釈放したとかニュースになってるじゃん
2010-09-26 Sun 01:09
日本政府の対応は前半だけ見れば合格点を付けていいほど良かった。
中国は小国相手にやっているように、いきなり軍艦を派遣して威圧したり、相手の漁船を拿捕しているわけではなくて、中身が工作員であるにせよ送り込んできたのは漁船なんだから、あくまで日本側の対応を見るのが主目的だったはず。

だから日本は何をされようが超然としていればよかった。尖閣諸島は日本の法が適用することを国際社会にアピールし、アメリカからは「尖閣諸島は日米同盟の対象となる」という言葉も引き出した。後は落し所として、拘留期限まで引っ張った後に期限切れでこれ以上は法的に拘束できないから送還。ということにしておけば、これ以上のことは無かった。実際、海保も外務省もこのレールを敷いていたはずだった。これは海上保安庁の所管である国交大臣であった前原が事件の詳細を知った後に外務大臣に就任したことがプラスに働いていた。しかし、前原の上司が想像以上に無能だった。100人以上の訪中団を送りながら何のパイプも持っていない小沢も使えないゴミなのは同じなのだが……。

というかさ、レアアースやら資源規制やらはWTOに起訴すればいいだけだし、日本人社員拘束は遺棄化学兵器処理事業を停止するいい口実になるし、そもそも人質なんて行為は人権大好きな欧米諸国を味方に付ける格好の材料なんじゃなかったの?中国の対日制裁なんてまともな手を打てばそれぞれ大した効力は持つものではないし、逆にこちらのカードにすることだってできたはずだった。
7月には同じく中国と領土問題を抱えるベトナムがアメリカと共同軍事訓練を、10月には韓国と、そして12月には日本と離島奪還演習が行われる予定です。既に「尖閣が日米同盟の対象」と明言している以上、中国はこれを意識せざるをえませんでした。日本が問題を先延ばしにしていれば、困るのは中国だったはずでしょう。

しっかし政権取った一年でよくここまでやれるよね。本人達は良かれと思ってやってるんだろうけど、そういうのが桃鉄の貧乏神みたいですごいウザイ。強力な敵より無能な味方の方が怖いとはよく言ったものだ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そうだ 京都、行こう | 坂の途中 | 対中戦略>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。