~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
サクラ大戦年表
2011-05-06 Fri 03:00
GWに何やってたのかというとサクラ大戦だよ……。
時系列整理用、自分用メモ
変換面倒なので大正で統一

興味ない人はスルー
サクラ大戦前夜

1912年(大正元年)
帝国陸軍対降魔部隊設立

1913年(大正2)
山崎真之介中尉、対降魔部隊に入隊

1914年(大正3)
8月4日 ドイツ帝国軍、ベルギーとフランスへ電撃作戦開始。欧州大戦勃発
9月5日 ドイツ軍、マルヌの戦いにおいて人型蒸気を兵器として投入

1915年(大正4)
超弩級空中戦艦ミカサ建造開始、それに伴い降魔大量発生。降魔戦争勃発

1916年(大正5)
フランス西部戦線にて山崎真之介設計の人型蒸気「菖武」の実験開始

1917年(大正6)
山崎真之介によって霊子甲冑「光武」、轟雷号、翔鯨丸が設計
ドイツ帝国敗戦濃厚、霊子甲冑開発計画「ヴァックストゥーム」を開始
ロシア2月革命、10月革命

1918(大正7)
降魔戦争終結
対降魔部隊、真宮寺一馬、逝去
ドイツ重機会社「ノイギーア社」によって、アイゼンクライト開発開始
人型蒸気の設計・技術が賢人機関に接収される、実験体「レニ」保護
賢人機関による「星組計画」開始 参加者はラチェット、レニ、織姫、昴、他1名
ドイツ帝国敗戦、共和制へ。イギリス、フランスと講和。欧州大戦終結
「星組計画」凍結。欧州星組解散

サクラ大戦「桜華絢爛」

1919年(大正8)
山崎真之介、陸軍を去り行方不明
山崎真之介の反魂の術により天海復活
大帝国劇場着工
霊子甲冑試作機「桜武」完成
3月 帝国華撃団構想(霊子甲冑の実戦配備組織)始動
3月3日 李紅蘭、藤枝あやめにスカウトされる。
4月 李紅蘭来日、神戸のパーシー・ホワードのもとに預けられる
10月 大帝国劇場、竣工

1920(大正9)
霊子甲冑試作機「三色スミレ」完成 テストパイロットに神崎すみれ
轟雷号、製造開始
マリア・タチバナ、桐島カンナ、帝国華撃団設立の為のメンバーとして藤枝あやめによってスカウトされる

1921(大正10)
黒之巣会、結成。
6月18日 藤枝あやめ、イリス・シャトーブリアンをスカウト
10月 李紅蘭、花やしき支部に配属
試作機を経て霊子甲冑「光武」着工
真宮寺さくら、霊剣荒鷹を継承

1922(大正11)
1月1日  霊子甲冑「光武」完成に伴い、帝国華撃団正式に発足、初代指令に米田一基陸軍中将
マリア・タチバナ、桐島カンナ、イリス・シャトーブリアン、帝国華撃団対降魔迎撃部隊「花組」入隊
対降魔迎撃部隊「花組」初代花組隊長にマリア
4月8日 大帝国劇場完成
5月 神崎すみれ、あやめによってスカウトされ帝国華撃団に入隊
9月「光武」花組に配備、「轟雷号」「翔鯨丸」風組に配備

1923年(大正12)
桐島カンナ、父の仇打ちの為香港へ
米田一基、真宮寺家よりさくらを帝国華撃団迎え入れるべく仙台へ
3月 真宮寺さくら、上京直後上野公園にて魔繰機兵と遭遇するも撃破
真宮寺さくら帝国華撃団入隊
帝国陸軍御殿場演習場にて光武を用いた花組の実戦訓練開始
東京市墨田区佃島相生橋にて初の実戦、「光武」アイリス機機能停止
賢人機関の花小路伯、花組の隊長候補選定の為、江田島の海軍士官学校を視察
大神一郎、加山雄一、江田島海軍士官学校卒業

サクラ大戦

1923年(大正12)
4月 帝国海軍少尉・大神一郎、貴族院議員花小路頼恒の推薦を受けて帝国華撃団花組隊長として入隊
同・加山雄一、帝国華撃団月組隊長として入隊
帝国華撃団と黒之巣会の本格的交戦開始
5月 李紅蘭、帝国華撃団花組に転属
6月 桐島カンナ、沖縄より帰還
7月 アイリス専用光武の調整終了
9月 黒之巣会、大帝国劇場を襲撃、帝国華撃団はこれを迎撃
天海による六破星降魔陣が完成、帝都に被害が被る
帝国華撃団、日本橋の黒之巣会本拠地へ攻撃。黒之巣会壊滅

1924年(大正13)
霊子甲冑「光武・改」完成
ドイツでアイゼンクライトI型」完成
1月 山崎真之介、降魔を帝都へ差し向け花組と交戦、「光武」大破
光武後継機「神武」完成、超弩級空中戦艦ミカサ完成
賢人機関、欧州都市防衛として巴里華撃団を設立、総司令に「欧州和平会議」メンバー、イザベル・ライラック伯爵夫人
3月 藤枝あやめ、山崎真之介と接触し帝国華撃団を離脱
超弩級空中戦艦ミカサ出撃、山崎真之介と交戦し撃破。降魔撤退
4月 大神一郎、海軍復帰

陸軍大臣京極慶吾の指示により、降魔の遺体を陸軍で極秘裏に回収、降魔兵器の研究開始

1925年(大正14)
フランス・パリに巴里華撃団の本部「シャノワール」完成
京極慶吾の反魂の術により、真宮寺一馬、山崎真之介の両名が復活
京極慶吾、黒鬼会を結成

サクラ大戦2

4月 大神一郎、帝国華撃団花組隊長に再着任
元欧州星組、ソレッタ・織姫、花組入隊
花組、山崎真之介と再度交戦、撃破
5月 元欧州星組、レニ・ミルヒシュトラーセ花組入隊
帝国華撃団と黒鬼会の交戦開始
6月 英国潜水艦の魚雷誤射事故発生
7月 黒鬼会、海軍大臣山口和豊を襲撃、花組がこれを迎撃
10月 真宮寺さくら、親戚の結婚の為、米田と共に仙台へ帰郷
11月 陸軍大臣京極慶吾を中心とした太正維新軍決起。陸軍将校たちによるクーデター勃発
花組、新型霊子甲冑「天武」受領、花組により黒鬼会本拠壊滅

1926年(大正15)
1月 京極慶吾、降魔兵器を実戦投入
花組、これに勝利し降魔撤退。黒鬼会消滅
パリ・モンマルトルにてテアトル・シャノワール開業
2月 日仏共同開発新型霊子甲冑「光武F」完成
3月 花組隊長・大神一郎、海軍中尉に昇格、帝都花組をフランス・パリへ派遣決定
4月 先陣として大神、横浜港より船便でフランスへ出発

サクラ大戦3

5月 大神一郎、パリ到着、巴里華撃団花組隊長に就任
7~9月 帝都花組メンバー、順次訪仏(恐らく空路)
9月 「光武F2」完成
10月 サリュによりパリ襲撃、パリ花組これを撃退
11月 大神一郎、帝国華撃団より帰還命令。帰国

サクラ大戦「活動写真」

12月 元欧州星組隊長ラチェット・アルタイル来日
大神不在の帝都花組に紐育華撃団設立の為の研修を兼ねて臨時入隊
米国ダグラス・スチュワート社無人人型蒸気「ヤフキエル」売り込みに来日
「ヤフキエル」の実戦投入実験

1927年(大正16)
1月 ダグラス・スチュワート社によるテロ事件発生
大神一郎、パリより帰国
ラチェット・アルタイル帰国

サクラ大戦4

3月 帝都に蒸気機械の暴走事故頻発、同時期空中戦艦ミカサ暴走
謎の魔繰機兵出現、大久保長安により空中戦艦ミカサが奪取される
花組、最新霊子甲冑「双武」を投入、巴里花組の援護を受け、大久保長安を撃破
4月 巴里花組帰国

1928年(大正17)
1月 紐育華撃団発足、初代隊長にラチェット・アルタイル

以下略

かなり簡略化、3以降はほぼ以下略状態だけどそれでも長い。
初めてやった頃は時系列とか時代背景とか完全無視だったけど、今さらやり返してみたら中々シビアな話だった。
サクラの影響でこっち方面の住人になったんだよなぁ……。




発売当初はパリ組が好きだったのに、今はやっぱりさくらが一番だよねって感じ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<契約 | 坂の途中 | 復興のためとは言うが>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。