~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
量より質
2006-03-25 Sat 14:37
今日は久々にケミで狩り吸いとりにいけました。場所はCAD、チュンリムなんて次にいつ行けるかわからないからなかなかいい経験ですね。
ダンジョンに入ってみるとチャンプが飛んでいるようで、エドガの時間かな?
とかしばらく話していると・・・・・・。
20060325003801.jpg

いました。
火鎧も動物盾も用意してないので火炎踏んだだけでHPが1/3くらい減ったり。。
LKの人もエドガは想定していなかったようで、武器が壊れてしまう。そこで一度戻って装備を直したり補給したりした後にケミカルウェポンチャージ!!
ここで始めてケミが役に立ったと思いました。再度リベンジで無事エドガ撃退。
(火炎出る前に倒してコート要らなかったんじゃとか思うのは無しの方向で)
エドガ以外にも普通に狩れて40%くらい上がったのかな?このペースなら90まで頑張れそうなんですけれどね~。


以下いつもながら半分くらい愚痴
いきなりですが貴方がGvGをする理由は何ですか?

Gvメインと掲げたギルドでも、もしかすると周りの人とGvに対する考え方がそれぞれ違うことが見えてくるときがあると思います。
ずっと単独Gで行きたい人、同盟を組んでみたい人、少人数でやって行きたい人、砦を確保できればいい人、同盟は嫌だけど臨時で同盟を組むならいい人、自分のギルドとタイプの違うギルドとなら組みたい人、大人数でやってみたい人。
「Gvメイン」「上を目指していく」という大まかな目標を掲げている限り、細部の気持ちまでは統一できませんね。
方針を掲げたギルドの中で個人の行き違いが生まれた場合、1人1人の意見に耳を傾ける場を設けるのがいいと思います。ここでは他者の意見を否定しては絶対にダメです。
集団の中の1人とぶつかってしまった時、今まで楽しくプレイしていても急に閉塞感を感じ始めます。

ギャングスター等のPKギルドはマイナスイメージが先行しているかもしれませんが、同じ目的を持って集まった人たちなのですから、一般のギルドよりも結束力が高く、内部の繋がりも太いのかもしれません。


さて、私の理想のギルド-同盟を考えてみた時、どうやら私は少数精鋭主義的な考えを持っているのだと思う。確かに小規模のギルドが複数結集すれば、大手ギルドに対抗できるかもしれない。足りないならば補えばいい。スケールメリットの理に適っています。それでも私はスモールメリットに魅力を感じるのです。人数で戦力を補うのではなく、質の向上を優先させ、小規模ゆえの長所(=いろいろな面で小回りが利き融通が利く)を生かした戦略を立てる。質の伴った集団ならば、その辺の中堅ギルドと比べても遜色ない戦力をもてると思うのです。それでも限界を感じた時、始めて同盟を考えればいいと思います。

魔法で蒸発する前衛10人と、確実にラインを抜けてくる前衛1人、どちらが脅威かといえば明らかに後者でしょうね。(大手Gとの比較はやめておきます)

まあ何が言いたいのかというと、やっぱジムよりゲルググの方が強いよねってことで今日はおやすみなさい。
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<3/26 GvG | 坂の途中 | 何もない日>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。