~幾野の道の遠ければ~ 月海が日々堕落してゆく日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
別働のあれこれ
2007-04-02 Mon 03:42
Lisaの中堅ギルドは、多少の差はあれ40~60規模ですね。
60規模もいればまだいいんですけれど、40~2PC込み込み50規模で別働を出すのは、かなりきついんじゃないかなと思います。
でも、2砦取れているところは取れているんですよね。

とりあえず、別働派遣の条件としては、本陣の安全(暇防衛)が大前提となります。
ここで2砦成功しているギルドと、失敗が続いているギルドの違いが現れます。

2砦取るギルドの傾向としては、
本陣の安全(暇防衛)
→暇防衛なら別働に戦力を割ける
→大規模な別働部隊の派遣
という流れに。規模も大きいので、必然と2砦率も高くなります。

逆に2砦失敗しているギルドの傾向では、
本陣の安全(暇防衛)
→暇防衛でも攻めが来る(別働の対象になる)かもしれない
→本陣にある程度の部隊を残す
→少数規模の別働部隊
となり、競り負け、割っても防衛が厳しく、レースでの運任せ等、2砦取得は厳しくなります。

単純に、本陣を重視するか、別働を重視するかの違いなんですけれど、
やはり本陣軽視、別働重視のギルドが、結果2砦成功しているパターンが続いています。

本陣軽視。極論で言えば、攻めが来ないなら本陣0の無人でも構わないということです。
流石に本陣無人なギルドは聞いたことありませんけれど、
正直なところ、遅延解除後の暇防衛は、罠プリADS阿修羅アサXの5名(+α)もいれば、十分なんじゃないかなと思います。

3Gの内2Gを別働派遣している同盟、単独ながらマスターを別働に派遣しているギルド。
共にいえることは、本陣はかなり手薄になっていることです。
実際、手薄だった本陣を大手の別働対象にされ(というか報復)本陣を落とされているギルドもありました。(別働で取ってたけど)
それでも毎度の如く同じ手法を使ってくるあたり、やはり本陣を犠牲にした編成の方が効果的なんだと思います。

ある程度のネームバリューがあるギルドに遅延防衛が付与されれば、別働対象になることはまずありません。
そして、現状砦が余っている状態ですから、中堅クラスでラスト10分でも本陣が定まっていないというところはほぼないんじゃないでしょうか。
あっても確保時間に遅延状態の同規模を相手にするのはリスクが高すぎますから、レース制圧か下位を攻めますしね。

大手は中堅の本気防衛でも別働クラスで攻めてくるからたちが悪いのですが、
本陣が攻められる兆候がある場合は、流石に別働派遣はやめたほうがいいですね。

別働を成功させているギルドも、恐らく本陣が攻められれば別働は中止にしていると思います。
これは大手にも言えることですね。大手はネームバリューだけで暇防衛決定ですから、毎回大規模な別働出しておりますけれど。

中堅の別働は本陣軽視の故、本陣の攻めさえ続けば別働は中止になります。確実です。
しかし、実際には攻められることなく、大規模派遣で成功しています。
攻めが来ないことを祈るという、一種の賭けに出ることになりますが、
結果的に賭けをしているギルドが2砦取得しています。
中堅で別働を出す時点で、本陣重視+別働重視ということはありえません。

中途半端に本陣に戦力を残せば、やはり別働も中途半端になります。
本陣が攻められるのなら、別働を止めて全力で防衛する。
本陣が安泰ならば、全力で別働に力を注ぐ。
このどちらかなのです。

もちろん、別働を可能にするために、砦前偵察や3MAPや、場合によっては1MAPからの敵偵察の早期排除、
別働派遣後に本陣を攻められた場合の、中国大返しとでも言いましょうか、リカバリー体制を確立しておくことが必要です。





毎回別働を派遣しているのに毎回負ける、本当にただ運が無かっただけでしょうか?
何かが足りないんです。
何が足りないんでしょうか。









金ゴス超ダブルメギン
別窓 | RO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<コンバットナイフ | 坂の途中 | コードギアス>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 坂の途中 |

ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。